恐ろしい病気に繋がる高血圧!その予防と治療方法とは

高血圧ってどんな病気?

塩分摂取量を抑える

​高血圧を改善するためには、まず食事を見直す必要があります。
特に塩分の摂取量を抑えることが大事です。
ガイドラインでは1日6グラム未満としていますが、これは欧米と比べると高い基準になっており、メタボリックシンドロームの人ほど塩分の影響を受けやすいともされていることから、さらに摂取量を制限したほうが良さそうです。

食事の減塩はいろいろと工夫することができます。
まず全体的に薄味にして、その味に慣れることが大前提です。
そして、揚げ物などにかけていた塩分の多いソースや醤油を、レモンや胡椒に変えます。
ラーメンのスープも飲まないようにしましょう。
お味噌汁も、出汁をしっかりと取って塩分での味付けを最低限にすれば、毎日の塩分摂取量を大分減らすことができます。

血圧調節を助ける栄養成分

​高血圧予防や治療方法として食事療法を行う場合、減塩以外にも血圧を調節してくれる成分を含んだ食材を多く取る方法があります。
カルシウム、カリウム、マグネシウムがそれに当たります。
これらを多く含んだ食材をご紹介しますので、積極的に食べるようにしてみてください。

まずカルシウムは、牛乳や小魚類です。
日本人の食事にはカルシウムは不足しがちですので、意識的に食べると良いでしょう。
カリウムは、野菜や果物、豆類や海藻に含まれています。
体に良いとされているものばかりですね。
カロリーが低い食材なので、高血圧以外の生活習慣病の改善にも繋がりそうです。
海藻や豆類はマグネシウムも含んでいますので、高血圧に良い成分を一気に取れますね。
ただし、高血圧予防にはなっても、他の病気の悪化に繋がりかねない食材もあるので、お医者さんに相談するのが賢明です。